日本センヂミア株式会社

会社案内

ごあいさつ

半世紀の技術革新が未来を拓く。

当社は、岩井産業株式会社(現、双日株式会社)、米国T.SENDZIMIR社および株式会社日立製作所(株式会社日立製作所の圧延機部門は現、Primetals Technologies Japan(株)(旧三菱日立製鉄機械(株)))の合弁会社として1962年に設立されました。社名は、発明者のタデウス・センヂミア博士の名前に因んで日本センヂミア株式会社と命名されました。
以来、ステンレス鋼板、特殊鋼、銅・銅合金、電磁鋼板などの冷間圧延分野へ数多くのセンヂミア圧延機を供給してまいりました。これらのセンヂミア圧延機は米国センヂミア社の圧延技術をベースに、Primetals Technologies JAPAN(株)(旧三菱日立製鉄機械(株))並びに日本センヂミア(株)で開発、改良された技術を加え、設計されました。
これまで半世紀にわたり、センヂミア圧延機一筋に続けてこられましたのは、高品質へのお客様のご要望に対して、常にチャレンジする精神を持ち、真摯に、かつ誠実に対応してきたことへの評価ではないかと自負しております。これまでご愛顧をいただきましたお客様には、深く感謝しております。
お客様への感謝の気持を常に忘れず、チャレンジ精神を持ってご満足いただける製品をご提供すべく、誠心誠意研鑽してまいります。
私たちは、これからもセンヂミア圧延機事業を通じて、高品質な製品の提供による社会貢献をしてまいります。

企業理念
1.私たちは、常に技術革新を志し、いかなる高度な要求にもチャレンジし、お客様より満足を得られるよう誠実に、かつ真摯に対応してまいります。
2.私たちは圧延設備事業を通じて、高品質な製品が活用されることにより豊かな社会実現のために貢献してまいります。
このページのトップへ